30年近くワキガである事に気づかなかったB

30年近くワキガである事に気づかなかったB

ワキガジェル海露の体験談

30年近くワキガである事に気づかなかったB

 

しかし彼はその後も出社して通常通り勤務しています。ワキガの問題は非常にデリケートです。今回のケースでBさんと同じ体験をしたら、会社を辞めてしまっている人もいるかもしれません。

 

この間も上司が「Bさぁ!シューしてる?」と笑いながら言って、Bさんが「あ、すいません、臭いますか?」とちょっと申し訳なさそうに答えていました。

 

あなたの周りにもワキガである事に気づいていない人がいるかもしれません。もしかするとその人にワキガの事実を伝えるべきかどうか迷っているところかもしれませんね。

 

このやり取りは実際にあったやり取りです。ワキガのことを伝えられた新人のBさんは確実にショックを受けていました。きっとこれからずっとワキガを気にして生きていく事になるでしょう。

 

しかし、その後ケアを始めたことで回りへの迷惑も軽減されました。ワキガだという彼へのマイナス評価が今後の人生で下されにくくなったのは事実です。

 

彼にとって知らないほうが良かったのか、それとも知ってよかったのか?その真相は彼しか知りません。もし機会があれば聞いて見たいと思います。

 

ちなみに私の場合は物心付いたときから親に指摘されていたので、正直ワキガである事を知ったときのショックというものは余りありません。

 

それが良かったのかワキガのケアについて早くから考えて生活してきました。育ってきた環境によってもワキガとの付き合い方も変わってくるんだなぁと感じた出来事でした。

30年近くワキガである事に気づかなかったB関連エントリー

30年近くワキガである事に気づかなかった@
私の後輩で30年近くワキガである事を知らなかった男が上司に指摘されたときのこと。
30年近くワキガである事に気づかなかったA
私の会社に入社してきた男性の話しです。彼は30年近く自分がワキガだとは知らなかったのですが、上司に告げられたときのお話です。

ホーム RSS購読 サイトマップ